代表者メッセージ

 

私は、ミトコンドリア病リー脳症の娘をもつ父親として、このプロジェクトを始めました。
ミトコンドリア病は、「治らない病気」、治療法のない病気と言われてきました。
でも、世界中の親がそうであるように、だからと言って私は、娘の命を諦められません。諦めることなどできません。
だから私たちは、治療法のないミトコンドリア病に、自分たちで治療法をつくることにしました。

幸運なことに、私たちには、素晴らしいプロジェクト経営チームと、素晴らしい研究チームが集まりました。

全ての家族は、子どもたちの命を救いたい。
全ての医師は、子どもたちの命を救いたい。
全ての科学者は、子どもたちの命を救いたい。
だから、私たちは一つとなり、この思いを実現できます。

きっと貴方も、その中のひとりではありませんか?

私は、集中治療室で意識のない娘の手を握るしかなかったあの日のことを、決して忘れません。この思いがあるからこそ、妥協はしません。
一日でも早く、一人でも多くの患者さんに、ミトコンドリア病の治療を届けます。

ミトコンドリア病の治療は、希少疾患でありながら、糖尿病、パーキンソン病、アルツハイマー病、がん、心臓病、自閉症……その他多くの病気の治療に展開できる可能性を秘めています。
私は、自分の命がある限り、世界中の子どもたちが幸せに暮らせるように、全ての人々が健康でいられるように、これらの病気の治療と闘っていきます。
私の娘、七海の名前を冠したこのプロジェクトには、私たちチームの全ての思いが込められています。
七海が、世界の海を航って、あなたに会うために旅をする未来は、もう、すぐそばにあります。

 

篠原 智昭
7 SEAS PROJECT 代表

 



 

 

back